解決したい課題

海外展開を進めるには、現地に拠点を設け、マーケットの情報に触れることが重要です。しかし、現地拠点の設営/運営には、以下のような課題があります。

 

  • 事業が属人的になる(担当者の異動や退職などに大きく左右されてしまう)
  • リスクの把握が難しい(特に法的、治安的なリスクの把握が難しい)
  • 運営にコストがかかる(現地における採用とマネジメントのクオリティを維持するための管理コストがかかる)

 

そこで、当社は提携関係にあるスターマーク株式会社(http://starmark.asia/)の「海外拠点代行サービス」を活用し、貴社の東南アジアへの事業展開を支援します。スターマーク株式会社は、「日本のよいものを世界へ 世界のよいものを日本へ伝統のよいものを現代へ 現代のよいものを伝統へ」というミッションを掲げる「日本文化の商社」です。ベトナムやシンガポールに拠点を持ち、東南アジアに進出をする日本企業を支援。顧客に成り代わって販路開拓をするだけでなく、自社が運営するカフェや通販サイトでエンドユーザーと直接接点を持つことが特徴です。

 

海外拠点代行サービスの3つのメリット

  1. 自社でやるより低コスト

  2. 貿易から現地の販売までのバリューチェーン接続が可能

  3. 現地におけるマーケティング活動も可能

メリット1:自社でやるより低コスト

事務所の賃貸契約、備品の調達、スタッフの採用など、海外拠点を立ち上げるためには多額のイニシャルコストがかかります。スターマーク社がすでに立ち上げている拠点や採用している人材を活用できるため、コストが抑えられます。

メリット2:貿易から現地の販売までのバリューチェーン接続が可能

スターマーク社が現地(シンガポール/ベトナム)で運営している様々な「顧客接点」を通じて、貿易だけでなく、現地での販売までを接続することが可能です。

  • 小売・・・小売店や飲食店、直営カフェ
  • 飲食・・・飲食店、直営カフェ
  • 卸売・・・飲食店、小売店、各種卸先
  • 催事・・・百貨店、飲食店、直営カフェにて
  • 通販・・・ベトナム現地通販サイト(https://vn.agatajapan.com/)※シンガポールは準備中

メリット3:現地におけるマーケティング活動も可能

現地マーケットに精通した社員によって運営されており、各種マーケティング活動(コンタクトポイントの創出、サンプリング、商品トライアル、など)を実施していただくことが可能です。

スターマーク株式会社・取引企業一覧(順不同・敬称略)

  • 京都府庁
  • ⻘森県庁
  • 秋⽥県庁
  • 株式会社にんべん
  • 東都のれん会(東京の⽼舗53店)
  • アサヒビール株式会社
  • 株式会社KADOKAWA
  • ⽇本テレビ放送網株式会社
  • 株式会社三越伊勢丹ホールディングス
  • 株式会社リクルートホールディングス
  • BECAMEX TOKYU CO.,LTD.(東急電鉄)
  • ⼀般財団法⼈⾃治体国際化協会(クレアシンガポール)